☆ コミックキューン創刊!

きゅんきゅんきゅんきゅーん!
2015年8月27日(木)創刊、コミックキューンをよろしくね!byあやねる



「えー!コミックキューンっ?!!!」(
「かわいくて恋しちゃう!キミのための新しい4コマ誌が誕生だよ!」(
「きゅんきゅんきゅんきゅーん!」(
「月刊コミックキューン、創刊っ!」(

「もうすぐ逢えるよ♪」(


★創刊号の豪華付録!
あなたを恋に落としちゃう! 「なもり描き下ろしポスター!」

★掲載タイトル35本以上、400ページOVERの大ボリューム☆
【創刊号の執筆陣】(敬称略)
 阿部かなり/甘党/いときち/emily/大原ロロン/おしおしお/南瓜/
 河合朗/カ-ワハラ恋/甘露アメ/くずしろ/くろば・U/桑佳あさ/
 こすずめ/米白粕/梱枝りこ/-白森さわ/高市みき緒/高崎ゆうき/
 武シノブ/たらばがに/TOもえ/はなこ/花咲ま-にお/華々つぼみ/
 緋鍵龍彦/ひみつ/藤枝雅/pole/みかみてれん+九郎/右左も-りもり/
 三月/緑川葉/源久也/ミヤコヒト/むく/吉辺あくろ

★定価:500円+税

★公式サイト:http://comiccune.jp ★公式Twitter:@comic_cune

※本ブログはコミックキューンを応援しています。
 ただし、本ブログとコミックキューンは直接関係ありませんのでご了承下さい。

※通算何度目のブログでしょうか・・・
 ココログ3つ、ライブドアブログ2つ、FC2ブログ2つ…そして今回のJUGEM。
 最近2ちゃんにチラ裏的な長文を投下しまくってて、自分でもちょっとこれは面倒な人だと思い、
 きちんと文章が書ける場所を作ろうと始めました。
   
 いつまで続くかは不明ですが、2015年以降は本ブログをメインに書いていこうと思います。


関連する記事
    コメント
    Liquid Z530のハイレゾはDACなしでも簡易的に再生出来ると書いてありました。ヘッドホンでノイズが聞こえる程度なのかはわからないです。 ○宇佐美氏は「DACをつけるとノイズを消せる。つけることによって、さらにより良い音を提供できるという認識」 http://www.excite.co.jp/News/column_g/20151021/Cobs_312976.html?_p=2
    • 伊藤
    • 2016/01/18 5:47 PM
    伊藤様

    お返事が遅くなり大変失礼しました。

    素晴らしい情報ありがとうございます!
    Liquid Z530単体でのハイレゾ再生、問題なくできることを確認しました。
    (坂本真綾さんの「FOLLOW ME UP」WAVE 96kHz/24bit)

    ただ、肝心の音質は・・・普通の44.1kHz/16bitとの差がわかりませんでしたorz
    自宅のスピーカーでは違いがはっきりわかるのですが、
    Liquid Z530のDAC性能があまりよろしくないのか、差は確認できませんでした。

    おそらく、別途DACをつけると普通のWAVEとハイレゾの違いがわかると思います。
    • ウェンディちゃん
    • 2016/03/27 1:52 AM
    以前から拝見させて頂いておりましたが、
    思い切って初めまして。

    オーディオNASのお話。
    私も色々検討していただけに大変参考になりました。
    これだけ世間一般?とオーディオNASの評価が異なると
    なにがしかの相性か、なにか弱点が存在するのかもしれませんね。
    NASはおいておいてクロックに投資しようかな。
    私のPC環境は
    MacbookPro retina2015 15inch 1TB Pcie3.0*4 SSD
    (サムスン製Read1850MB/s)
    と2011 Late 17inch 東芝SATA2 SSD(Read210MB/s)
    で、thunderbolt光接続でDACはLynx Hilo。
    再生ソフトは、Audirvana、Amarraの使い分け。

    Vaioは昔から音が良いと聞きます。
    高密度10層基板の恩恵でしょうか。
    Win機の雄であるVaioとMac、一度勝負してみたい。
    まあボロ負けでしょう。Winで良い音だす機械って、
    Macには出せない品のある音を出すので、
    いつも気になっています。
    あと早い段階で、マジコ購入報告が出ること期待しておきます。
    では、それでは失礼致します。

    • 2016/04/18 11:20 PM
    学さま

    この度はコメント頂きまして誠にありがとうございます。
    NASの記事、少しでもお役に立てましたら幸いです。

    仰る通り、今回のオーディオグレードNAS試聴結果は
    ネット上の評判と大きく異なり、当初この記事を公開するか迷いました。
    しかし、多少議論が起こっても、最終的にDELAやfidataの
    次モデルで音が良くなれば良いかな・・・?と思い記事にしました。

    学様はMacをお使いなのですね!

    あいにくMacには知識が無く、型番にてスペックやベンチマークを
    調べましたところ、MacbookPro retina2015で実測で1,805MB/sを
    叩き出していて驚きました。
    そしてCore i5でPCI-eベース SSD 1TBで税込29万には驚きました。

    VAIOの価格帯に慣れているせいでしょうか、
    MacbookProは魅力的なお値段に見えます。
    (オーディオ用ですと持ち運びがほぼ無いので
     MacbookProの重さは問題無いと感じます)

    学さまはMacbookPro retina2015 と 2011 Late 17inchを使い分けて
    いらっしゃるのですね。やはりそれぞれ音が違うのでしょうか。
    (Audirvana、Amarra、どちらも初めて聞く名前なので、
     週末に調べてみようと思います。情報ありがとうございます。)

    クロックは効きますよね!
    機器によっては劇的に変わるので、入力後の音が好みであれば
    強力なアイテムになると思っております。

    私としましては、今後、Vaioをクリーン電源に接続したいです。
    先日、中村製作所さんのアイソレーショントランス(絶縁トランス)を
    お借りして色々な機器に接続して音の変化を試しました。
    全ての機器で音が変化しまして、中でもVaioを接続したところ、
    温度感が変わらずに静寂感だけ増したのは好印象でした。
    今話題のIso tekを試してみたいです。

    MAGICO・・・CES 2016にてお披露目された シルバー色のS1 mk2は
    自室に置いてみたいです。
    すぐには厳しいのですが・・・頑張りたいです。

    本ブログのオーディオ記事はゆっくりじっくり書くため、
    なかなか更新が進みませんが、たまに覗いて頂けると嬉しいです。

    今後ともよろしくお願いします。
    • ウェンディちゃん
    • 2016/04/19 10:04 PM
    ウェンディちゃん様

    ご返事誠に恐縮です。

    NASの記事は衝撃的でした。
    ただ今あるオーディオNAS。こんな産業用のスイッチング電源、
    に、なんか安そうな基板で本当にいい音するんかいな?
    とも思ってました。デジタル系は基本、
    メインボードのデザインとLANのアイソレートが
    全てと思うところがあるので、多少電源、コンデンサに手を入れても
    根本的には、どうだろう?という気が。
    ノイズに配慮したブラック基板くらいは使って欲しかった気が。
    LANの信号品質データの提示も見かけなかったので。

    N1Zはバッファローの産業SSDベース、
    Fedataはサムスン850EVO SSDですが
    850EVOは、Macで試した時、
    タイトで潤いゼロのSSDでしたので、不安だったんですよ。
    ブレードタイプのサムスンはいい音するんですけどね。
    Vaio S11もサムスンのブレードだったはず。

    Macは、数台乗り継ぎましたが、みんな音が違いますね。
    OSインストールでも、まあ変わること。
    ハードで一番効くのは、SSD銘柄とメモリでしょうか。
    17インチは交換可能なので、それはもう色々なメーカーを試しました。
    今のところ昔の東芝SSDが、響きがよく出るので好んでます。

    15インチは Core i7 2.8GHz にしてます。全盛り。
    早い方が、OSの進歩に伴って音が良くなる可能性が高いだろうと考えて。
    15は、17インチ以上にOS世代違い、ソフトの設定の違いを出します。
    この前まで17インチの方が良かったのですが、
    昨日、Audirvanaのアップデートがきたので試してみたら
    15インチの方が、良くなってもうた。
    15インチは、パーツ交換できないので、一度バラして
    シャシー周りに接点導通材を塗るとか、
    気持ちで銅板でシールド追加とかはやってます。
    ソフトはFideriaというのもあります。なめらか系
    Audirvanaは、正統派高解像度。
    Amarraは、音色系。インパルスレスポンス使ったスピーカー補正が可能。

    電源は、常時試してみたいのですが
    あまりに変わるので、全てやり直しになるのが怖い!
    Iso tekは、甘美な劇薬な気が。。。
    せめて医療用のアイソレーショントランスでも
    追加しようかなと思ってます。

    それでは今後ともよろしくお願い申し上げます。
    • 2016/04/20 2:45 AM
    学 さま

    先日に引き続きのコメントありがとうございます!

    学さまはPCオーディオに関して相当追求されていらっしゃるのですね。
    数々の御挑戦とその結果、大変勉強になります。ありがとうございます。

    VAIO S11 の SSDですが、仰る通りSAMSUNGのブレードタイプです。
    (SAMSUNG 、型番:MZHPV256HDGL-00000 ATA Device (SSD)です。)

    850EVOも既に試されていたのですね。

    学さまのご感想と同じく、850EVOを搭載したfidataもタイトで潤いが無く・・・。
    タイトと言っても、音像が引き締まって、曖昧な部分がシャープになり
    陰影が良く現れるようになれば好印象なのですが、実際は響きが無くなり、
    スケールダウンだけのような音でしたので、利点を見つけるのが難しかったです。

    ハードで一番効果があるのはSSDとメモリなのですね。
    一昔前のノートPC(VAIO Type G等)は外装を外して、
    基板まで手を加えることができたのですが、今のVAIOは開けることができず、
    (バッテリーすら自分で交換不可で・・)、
    ハード的なチューニングは非常に難しい状態です。

    (開ける事自体は可能で試行ですが、接着シール等を剥がす必要があるようで、
     3年保証がパーになるのが痛いです。)

    現在、ハード的にしているのはノートPCの下にインシュレータを置き、
    放熱を高めること位ですね・・・。

    OSのバージョンアップを見込んでCore i7にされているのですね!
    Windowsの場合も、特定のソフト(JPLAY等)ではWin7よりWin10の方が
    音が良い場合があるようです。
    個人的には、Windows 10はバックグラウンドで色々動いているので
    Windows 7を選択しています。

    (ただ、Skylake のCPUを搭載しているWin7 PCのサポートは2018年までなので、
     近いうちに新品のWin7ノートPCが買えなくなる可能性があります。
     そのため、ストレージの容量的にもう一台VAIO S11を購入しようかと
     考えております。)

    電源は・・・効果と副作用ともに大きい場合があるので、
    私も導入は慎重にした方が良いと考えています。
    (中村製作所さんの絶縁トランスをDAC、パワーアンプに接続したところ、
    解像度は上がりましたが、温度感がクール一辺倒になり、
    DAVEの特長である色彩感がまるでなくなってしまったので
    導入に至らず・・・でした。)

    AmarraのHP拝見しました。
    音声出力特性を最適化する校正ソフトなのですね。
    非常に面白いソフトです!

    この機能に似てハード一体型のオーディオ製品としては、
    TRINNOV AUDIO 「ST2 HiFi」がありますが、
    定価100万オーバーなので手を出しづらいです。
    http://stella-inc.com/018trinnovaudio/pages/ST2%20HiFi.html

    Macの素の音はWindowsよりも良いという評を聞きますので、
    私も一度試してみたいと思います。

    学さまのコメント本当に勉強になりました。
    コメントを下さった事、心からお礼申し上げます。
    (しかも真夜中の3時近くにコメント下さり恐縮するほどです。)

    今後ともよろしくお願いします。
    • ウェンディちゃん
    • 2016/04/21 12:43 AM
    ウェンディちゃん様

    御丁寧な御返事有難うございます。
    トリノフオーディオの機能は私もずっと気になっていました。
    スピーカー自体の群遅延とか色々変えてしまいますし
    やたら評判いいですから、いつかは手に入れたいです。
    (本当はPCソフトウェアで発売してくれないかなと)

    Macについては、一度試してみるのは良いかと思います。
    Winとは大分傾向違いますから。
    ただMacオーディオの最大の欠点は、クラッシュし易い事。
    同じ機種でも環境違いで挙動が違う事など、ままあります。
    この辺りはWin機は強靭なOSだと思います。
    一番音が良いのはAudirvanaなのですが、ちょっと停止し易い。。
    昔のバージョンよりはクラッシュしにくくなったらしいのですが。
    OSクリーンインストールする度に
    再生が止まったり、そうでなかったり。
    この辺りに辟易してMac離れる人も多いようですし
    安定している人もいるし。、
    OSをバイパスする実装が多いので、まあしょうがないかな。

    もし一度Mac試したければ私のもの、
    暫くお貸ししても良いので、メールでも頂ければ。
    MacとDAVEとの相性伺ってみたいんですよ。
    実際どんなもんだろうと。
    でわ失礼致します。
    • 2016/04/24 12:47 PM
    学さま

    お返事が遅くなり申し訳ございません。

    Macは挙動に少し難ありなのですね。
    しかしwindowsとは異なる音が期待できそうなので楽しみです。
    (昔一時期Mac miniを使っていたことがありまして、
     その時の音はライトで耳当りが大変良い音でした。)

    メールアドレスありがとうございました!
    管理者ページにて確認いたしました。

    現在、新たに導入したVaio Core i7の調整や大量のCDリッピング、
    また複数のケーブルを自宅試聴をする予定でして、
    Macをお借りしてもすぐの試聴は難しい状態です。

    拙宅のCore i7 VAIOの調整(RoonとHQPlayerのインストール)が
    終った段階でお借りできると幸いです。
    (最高状態のVAIOとお借りするMacをDAVEに繋いで真剣勝負してみたいです。)

    その時期が近づきましたら、メールにて改めてご相談させてください。

    今後ともよろしくお願いします。
    • ウェンディちゃん
    • 2016/05/03 4:11 PM
    ウェンディ様

    久しぶりに覗いてみましたら、パソコン増えてますね。
    ヤバい、生き急いでいる気が(汗)
    容量増やすだけなら、バイオのSSDである
    サムスン950pro SSDをパーツショップで
    購入すれば良いのですが、i7との差は気になりますもんね。

    FidataのNASについては、以下サイトの評価が
    ウェンディ様との評価と一致しますね。
    ちょっとWinを落としすぎですが、
    PCトランスポートの、変な癖がつかない
    という評価には、うなづけます。
    http://www.ippinkan.com/teac_ud503.htm


    Macの貸し出しは、御都合がつけばおっしゃって下さいませ。
    Roonは私も気になってます。音質の
    メリットがあるかどうかでの視点なのですが。
    背景とかライナーノートの情報は嬉しいのですが
    自分で調べてから購入する質だし
    使い勝手には、特段不都合は感じていないので。
    ただRoon readyの機器は買って試してみたいですね。
    でわ失礼致します。
    • 2016/05/28 12:43 PM
    学 さま

    ご無沙汰しておりました。
    お返事が大変遅くなり、本当に申し訳ございません。

    昨日、久しぶりにブログを更新しました。
    内容としましてはMAGICO導入のお知らせです。

    恥ずかしながら、S1 mk2を買うほどの余裕は無く、
    初代S1の購入となりましたが、興味のあったIsoTekも一緒に導入しました。

    (IsoTek SIGMASの威力は凄いです!!
    元の音色をまったく変えず、空間を広げて、キレが増します。
    全ての音に焦点が合うような感じで、導入前の音がぼけていたように
    さえ思えます。導入して正解でした。)

    PCオーディオの方、Roonはまだ導入出来ていません。。
    しかし、Vaio S11にWindows Server 2012を入れまして、
    結果はS/Nが極めて向上し、空間も広がりました。
    (体感としましては、ESOTERIC K-03X以上の性能に感じます。。)

    今年から始めたリッピング作業ですが、いまだ途中でして
    PCオーディオに完全移行できていないです。。
    年末までには終らせて、様々なPCを試してみたいです。
    (今なおMacも試してみたい所存です。)

    逸品館のレビューご紹介ありがとうございました!
    以前書いたCore i5 vs Core i7の記事は、
    大した理論も持ち合わせておらず、聴き比べのみで評価したので、
    私だけの思い込み・・・?とも思っておりました。

    しかし、逸品館・清原氏の説明により、自信を持つことが出来ました。
    逸品館の記事を基に、DELA、fidataの更なる音質を追求して欲しいです。
    (DELAの方は生産完了になったようですね・・・。
    今後、新製品の発表があるようなので期待しています。)

    これから、少しずつブログを更新していく所存です。
    今後ともよろしくお願いします!
    • ウェンディちゃん
    • 2016/09/19 10:21 PM
    DELA とVaio S 11 との対決。興味深く拝見させて頂きました。
    いやあフットワーク軽いですねえ。試させてもらえるお店も素晴らしい。
    AVレビューの記事も、そんなのあったの?と読ませて頂きました。
    Win10のProとHome でそんなに変わるのか?と。
    確かにAV周りの処理が違うような話は
    XP時代からあった感じなのでPro有利何でしょうね。
    Vaioが圧倒的評価でしたね。ちょっと欲しくなってきた。
    Macbookの評価もついでにありましたが、ボード直付けの東芝NANDで、
    東芝系は、クリーンなんですが、SNが足りない感じがあるので、
    さもありなんと思いました。あとメインボードがショボ過ぎるし。
    この辺りはVaio兄弟設計のSSDが載っている
    MacbookPro系との比較が欲しかった感じ。

    自分の経験でいうと、PC周りだけで音色、空間を変えるなら
    ソフトウェア=ハードディスク銘柄>>>超えられない壁>>>メモリ銘柄、電源という
    感じでしょうか。SN感は、いずれも効きますね。
    ハードディスクは、圧倒的にPCIe>>>SATA。

    少なくともサムスンのブレードSSDは、PCIeもNVMeも
    メモリ、電源、ソフトの違いを超えて他機種を圧倒して
    次元が違うと感じています。
    この辺りはDELAは手を抜いていると思いました。
    自社SSDにこだわる必要性ってあるのかな?と。
    バッファローの方が、フリーダムにSSD選べるので将来性はあるかも。

    Zに乗せてきた第三世代SSDはサムスン950系の新型と思われるので
    発売されたらSSD だけショップで買ってきて
    載せ替える事も出来るはずなので試してくださいませー
    でわ失礼致します。
    • 2016/12/26 9:46 AM
    学さま

    いつもご丁寧なコメントくださりありがとうございます!

    今回のDELA N1ZH30/2とVaio S11の対決は、全要素でVaio S11の圧勝と
    予想していましたが、S/Nが拮抗する結果となり、DELAの進化を感じました。
    (試聴させてくださったお店の方には本当に感謝するばかりです。)

    DELAの最上位モデル(SSD搭載)タイプは気になるので、
    いつか比較試聴できたらと考えております。
    (学さまのご指摘のように、自社製のSSD(SATAタイプ)を搭載しているので
     改善余地はまだあると感じています。

     また、内部ケーブル(SATAケーブル)は汎用品のようで、
     Brise Audio等の音質を考慮したケーブルを使って欲しい所です
     http://briseaudio.jp/product/pc/sata.html

    PCパーツの中ではHDD(SSD)の銘柄が音色・空間に一番効果あるのですね!
    最近、メインで使っている自作デスクトップPCの音質を向上させたいと
    考えておりましたので、とても嬉しい情報です!

    サムスンの950系の新型(960 PROでしょうか)は
    読込:3,500MB/sで、512GBで約39,800円と、
    手を伸ばせば購入できる価格帯なので、いずれ導入してみたいと思います。

    昨年はオーディオ機器含めてハードの導入を急ぎましたが
    ようやく落ち着きましたので、今後はソフトウェア中心にPCトラポの
    音質向上を取り組んでみようと思います。

    本年もどうぞよろしくお願いします。
    • ウェンディちゃん
    • 2017/01/04 9:07 PM
    ウェンディ様

    あけましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い申し上げます。

    バイオの新型SSDは960Proなので発売されれば
    是非載せてみて下さい。
    アスキーが、年末に発売手前の一つ前のものをテストした時は
    read2500位で振るわなかったのですが、バイオのベンチは
    3300は叩き出していたので修正してくるとは思います。

    自分は今年はMacbookproの新型か
    いよいよルビジウムマスタークロックかと考えています。
    自分のDACはlynx Hiloなので10MHzは受けれないのですが
    アンテロープの10MXを考えています。これは内臓ルビジウムから
    768kHzのクロックを直接作れたりするユニバーサル機なので。
    上流は徹底的に手を入れたいのに
    クロックはまだ未導入だったりしたので
    気合いで購入はしたいなあと

    それでは失礼致します。
    • 2017/01/08 3:35 PM
    学さま

    コメントありがとうございました。

    新SSDは960Proなのですね!
    有益な情報ありがとうございます!

    3,300MB/sは驚異的な速度ですね。
    HDDでは考えられない速度です。
    (一時期、デスクトップPCをRAMディスクで組もうとも考えましたが、
     実用的でRAMディスクの速さに近づいているSSDの登場によって
     当分はSSDで行こうと思い直しました)

    ルビジウムマスタークロックの御導入を検討されているのですね!
    私もクロック未導入で試聴会で聴いた程度なのですが、
    クロックはかなり効くと感じています。

    候補にされているアンテロープの10MXの記事を読みました。
    ルビジウムコアの精度が素晴しく、リファレンスクロックとしても使用可能、
    出力端子も豊富で末永く使えそうですね。

    (そしてlynx Hiloは羨ましいです。
     7〜8年前、lynxのサウンドカード導入を考えていたのですが、
     予算の関係上RME HDSP 9632にして、今現在もデスクトップPCで使っています。
     いつかはlynx製品を使ってみたいです。)

    もしクロックを導入されましたら、その効果の程をお聞かせくださると幸いです。

    今後ともよろしくお願いします。
    • ウェンディちゃん
    • 2017/01/09 11:35 AM
    先日はおいで頂きありがとうございました。色々と情報交換も出来てとても楽しかったです。また、システムの試聴記事の方ありがとうございます。とても力作で感動しています。過分なご評価に頂き恥ずかしいやら嬉しいやら。もう少しマシになっていると思いますので、また是非おいで下さいね(^^)/
    目玉親父様

    YG試聴記をご覧くださり誠にありがとうございます♪
    目玉親父様からとても良い評価を頂けて恐縮するばかりです。
    お陰様で執筆の疲労感が吹っ飛びました♪ 誠にありがとうございました!

    先日の試聴会は大変有意義で勉強になりました!

    かねてよりYGの音とdCSの音が非常に気になっておりましたので、
    2度試聴する事で、拙システムの今後の方向性がしっかりと定まりました。
    AESケーブルもじっくり聴くことができましたので、本当に大満足の試聴会でした!

    今後、目玉親父様のシステムはさらに磨きがかかるようで・・・
    どんな凄い音になるのだろうととても楽しみデス! 

    是非またお伺いさせてください(^o^)/
    • ウェンディちゃん
    • 2017/08/14 6:46 AM
    コメントする








       

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    ■プロフィール

    書いた記事数:35
    最後に更新した日:2017/08/26

    ■ブログ内を検索

    ■最近の記事

    ■カテゴリー

    ■バックナンバー

    ★過去のブログ

    ■スマホ版を表示

    スマホ版:きゅんきゅんayate
    ※当ブログはPC閲覧を推奨してます

    コメントはこちらへどうぞ↓

    ■最近のコメント

    others