☆ 音質対決! 新型DELA オーディオ用NAS vs VAIO S11

 

DELA_N1ZH_500 

 

 

|■イントロダクション

 

2016年4月、オーディオグレードのハイエンドNAS(fidata SSDモデル)と
第二世代ハイスピードSSDを搭載したノートPC、VAIO S11(Win7, Core i5)の

音質を比較しました。

 

結果はVAIO S11(Win7, Core i5)の圧勝でした。

(記事 http://comiccune.jugem.jp/?eid=25#NAS6)

 

それから半年後の2016年9月末。

オーディオグレード ハイエンドNASの先駆者、DELA(バッファロー)から、

さらに音質を追求した第2世代の新型NAS- N1A/2、N1Z/2 - が登場しました。

 

旧型DELAと新型DELAの比較試聴会の結果では、

旧型から飛躍的に音質が向上したのとのことです。

 

では、【ぼくのかんがえた】最強のノートPCと比較するとどちらが良い音なのか・・・

 
CHORD DAVEで究極の高音質を求める私にとっては、非常に気になる話題です!

 

というわけで、またまたオーディオショップにノートPCを持ち込んで、

新型DELA「N1ZH30/2」とガチの音質比較をしてきました!

  

  

 

|■試聴環境

 

# 種別 メーカー 型番 価格 備考
 1-A

トラポ (USB接続)

VAIO S11 24万円 Core i7, JRMC21 (*)
 1-B     〃 DELA N1ZH30/2 48万円 電源強化、HDDモデル
 2 USBケーブル Wireworld Silver Starlight 7 5万円
 3 USB-DAC CHORD DAVE 162万円
 4 プリアンプ アキュフェーズ C-3850 194万円
 5 パワーアンプ アキュフェーズ A-70 110万円
 6 スピーカー B&W 802 D3 340万円

 

(*): ノートPC VAIO S11は、以前fidataと比較した時よりも性能アップ・高音質になっています。
  ・CPUはCore i7にグレードアップ

  ・OSはWindows Server 2012R2を導入

  ・その他、Windowsの設定を色々弄って、高音質になるようカスタマイズ

   

  →その結果、聴感上のS/Nが劇的に向上、空間の広さはハイエンドCDPに匹敵するようになりました。

 

 

東山さん_だぶるハッピー

今回のVAIO S11のイメージは(白山奈央さん)です。

 

  なお、CPUがCore i5 のVAIOと、Core i7のVAIOの音質差については、

 「VAIO S11 Core i5 モデル VS i7 モデル 音質対決にてご覧いただけます。

  

 

|■試聴曲

 

・ロッシーニ 弦楽のためのソナタ 第3番 第3楽章
・二言目  (戦場ヶ原ひたぎ:CV.斎藤千和)
・エブリデイワールド (早見沙織, 東山奈央)
・神様のいたずら (中島愛)

 

 

|■音質対決!

 

試聴店さんの案内に従って、最初にDELAを聴き、その後にVAIO S11を聴きました。

 

(1)新型DELA「N1ZH30/2」の試聴

 

 ・サウンドステージは、2つのスピーカーの間にのみ広がる(広いとは感じない
 ・奥行き感は感じない


 ・ヴォーカルに少しざらざら感?を感じる。所々、弦にの響きにもキツさがある
 ・音像は明瞭でシャープ
 ・声色はモノトーン
 ・中島愛さんの声の響きに品の良さがある

  

 

(2)VAIO S11の試聴

 

 ・スピーカーが変わったと思えるほど、音離れが良くなり、壮大さが出る
 ・サウンドステージが2つのスピーカーの外側に広がる!(広い、広い!)
 ・奥方向にも拡張して、ヴォーカルが浮遊して、伸び伸び歌うようになる!

 

 ・S/NはDELAと同じ位(VAIO S11の方が若干良好、背景がより静か)


 ・ピアノや電子音等、聞こえる音数が倍増
 ・電子音に浮遊感と華やかさが出る (特に、二言目)
 ・鮮度の良いクラッシュ音が炸裂する (特に、二言目)

 ・ヴァイオリンの響きが滑らか
 ・ギターの純度が高く、弦を弾く音が素晴しい (神様のいたずら)
 

 ・ヴォーカルの声に潤いがあり、大変聴きやすい

 ・ざらつき感は皆無

 

 ・ヴォーカルの声色の違いが良く出る色彩感豊か、カラフルとさえ感じる

   (特にエブリデイワールド)
  
 ・ヴォーカルの音像は少し膨らむ感じがあるが、そこに雄大さを感じる
  (これはJRMC21の特徴です)

 

 結果:ノートPC VAIO S11の圧勝!

 

 

|■結果

 

新型DELA(N1ZH30/2)とVAIO S11の比較は、空間の広さ音数

ヴォーカルの質色彩感等、トータルとしてVAIO S11の圧勝でした。

 

VAIO S11は(DELAと比較して)安価でありながら、そのうえ高音質なのは

大量生産可能で長年のノウハウがあるからだと思います。

 

しかし、S/Nに関してはDELAも良かったです。

 

店員さんの話によると、新型DELAは電源周りを強化して、

以前よりもS/Nが大幅に向上したとのことです。

 

今回の試聴時、VAIO S11はバッテリーで駆動していたので、

それを考えると新型DELAの電源周りは相当頑張っています

 

 

今回の比較をまとめると、

 

・空間の左右の広さ 

 VAIO S11 >> 越えられない壁 >> DELA N1ZH30/2

 

・奥行きの深さ
 VAIO S11  >> 越えられない壁 >> DELA N1ZH30/2

 

・S/N
 VAIO S11  DELA N1ZH30/2

 

・音数
 VAIO S11 >> 越えられない壁 >> DELA N1ZH30/2

 

・楽器の質感
 VAIO S11 >> 越えられない壁 >> DELA N1ZH30/2

 

・色彩感

 VAIO S11   DELA N1ZH30/2

 

・ヴォーカルの質感

 VAIO S11   DELA N1ZH30/2

 

・ヴォーカル表現の特徴

 

 ・DELA N1ZH30/2化粧せず、素肌を見せる感じシャープな音像

 ・VAIO S11潤い感のある化粧をした感じ。少しふくよか

 

ヴォーカル表現は上記違いがあるため、どちらのヴォーカル表現が好きか、

 という点で選ばれるのも1つの手だと思います。

 

 

 

|■結果に関して

 

(1)使用OS

 

 今回使用したVAIO S11のOSは、Windows Server 2012 R2です。
 Windows Server 2012 R2はWindows 10 proと比較すると、

 S/Nや空間表現に大変優れています。

 

 そのため、新型DELAWindows 10 proのVAIO S11 の比較であれば
 S/NDELA N1ZH30/2の方が優れて空間表現DELA N1ZH30/2と同等と推測します。

 

 

(2)ストレージ

 

 今回使用したDELAN1ZH30/2」(48万円)は電源を強化した「HDD」搭載のNASです。


 対して、VAIO S11は第2世代ハイスピードSSD(Read 1,622MB/s!)を

 マザーボードと直結したノートPC(24万円)です。 
 そのため、ストレージ部分でVAIO S11に大きなアドバンテージがあります。

 

 もし、SSDを使用した新型NAS「N1ZS/2」(80万)であれば、

 VAIO S11よりも良い音・・・になる可能性はあります。
 いつか「N1ZS/2」も直接比較をしてみたいと思います。

  

 

|■敢えてDELAを選ぶメリットは?

 

 音質としてはVAIO S11の圧勝でしたがDELAにも良さはあります。
 PCの知識・技術の有無、手間暇の観点からDELAを選ぶのも1つの手です。

 

 以下にVAIO S11とDELAの「メリットデメリットを纏めました。

 

(1)VAIO S11

 

 ◆メリット
 ・カスタマイズできれば、音質が圧倒的に良い
 ・(ハイエンドNASと比較すると)とても安価
 ・DELAよりも操作性が良い。大変便利
  ※但し、再生ソフト「JRMC」使用の場合に限る、その他、VLANを切る等、

   専用のネットワーク環境を構築できる機器と技術があればという条件付きです。)

 

 ◇デメリット
 ・高音質にするには、PCのハードウェア、OS、ソフトウェア、ネットワーク
  に関する深い知識と技術が必要 
 ・高音質にするには多くの時間(手間暇)がかかる (人によっては数年かかる
 ・ハイスピードSSDは容量が少ない

  (2016年12月時点で、SONYストアで選択可能なのは最大1TBです。

   VAIOは基板とSSDが直結されていて、PCを開腹できにくい仕様なので、

   SSD換装は極めて困難です。開腹できても、メーカーサポートが不可となります。)

 

(2)DELA「N1ZH30/2」

 

 ◆メリット

 ・PCやネットワークの知識が少なくても利用可能!
 ・何もしなくても、最初からS/Nが良い!
 ・
HDDタイプは容量が多い(3TB)

 

 ◇デメリット
 ・(ガチガチにカスタムしたVAIOと比較すると音質は大きく劣る
 ・(大量生産が可能なVAIOと比較すると) とても高価、コストパフォーマンスは良くない
 ・(JRMCと比較すると)利便性が劣る

 

 

|■後記

 

 長年PCを設計&製造しているVAIO(旧SONY)と、数年前からオーディオ用NASを

 作り始めたDELA(バッファロー)の事を考えると、今回の結果は予想通りでした。

 

 今年の4月頃からVAIO S11を色々な環境で使ってみて、本当に音が良いノートPCだと

 感じています。

 また、ここ数ヶ月、色々な方からノートPCに関する話を聞いて、VAIOはノートPCの中でも

 音質に優れるPCという事を知りました。

 

 ※雑誌の「AVレビュー」2017年1月号 (VOL.259)の特集で、ノートPCの音質比較がありまして、

  そこではVAIOが一番高音質とのことでした。

  今回の新型DELAとVAIOの音質比較は、その記事の正しさを裏付けるものになったと感じています。

 

  上記特集(秋山真氏「オーディオ研究所 第5回」)は、メーカーの違い、OSやCPUの違いで

  音がどう変わるか詳細にレポートしている秀逸な記事です。ぜひご覧ください!(だいれくとまーけてぃんぐ)

 

 今後は・・・より高性能なCPUとさらに速いSSD

 第三世代ハイスピードプロSSD(NVMe)Read 【3GB/s !!! 】を搭載した

 VAIO Zシリーズを試してみたいです!

 

 (とは言っても、一連で使用したノートPCは全部自費ですので、

  すぐの導入は難しそうです。。

  もし、最新のVAIO Zを持っているハイエンダーなオーディオマニアさんがいましたら、

  SSD搭載の新型DELA「N1ZS/2」と音質比較してみてください!期待してます!!)

 

- 終り -

 

JUGEMテーマ:オーディオ

 

 



S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

■プロフィール

書いた記事数:35
最後に更新した日:2017/08/26

■ブログ内を検索

■最近の記事

■カテゴリー

■バックナンバー

★過去のブログ

■スマホ版を表示

スマホ版:きゅんきゅんayate
※当ブログはPC閲覧を推奨してます

コメントはこちらへどうぞ↓

■最近のコメント

others